iNSPiCシリーズ

小型・軽量フルサイズ

EOS RP・RF35 MACRO IS STM レンズキット

画像にマウスを合わせると上部の写真が切り替わります

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

商品コード:3380C048

219,500円(税込 237,060円)

消費税率8%対象

2,195ポイント

数量 


お気に入りリストに追加

  • ※クレジットカードでご購入の場合はカードご利用のご本人確認をさせていただく場合がございます。ご了承ください。

商品概要説明

RP いい写真の予感 NEW EOS RP 写真は進化する。EOS R SYSTEM

約485gのコンパクトボディー
ここまで軽量化したフルサイズ

図:小型・軽量ボディー

キヤノンのフルサイズEOS史上、最小・最軽量を達成。バッテリー・カードを含めても約485gという軽さ。そして、カメラのコンパクト化をどこまでも追求しました。機能や性能をけっして妥協することなく。完成したのは、いつでも持ち歩ける、EOS RPという新たなフルサイズです。

高画質を新次元へ
EOS Rシステム

時間も、場所も、チャンスも選ばないカメラを。そんな思いから、30年の歴史を持つEOSが革新しました。EOS Rシステム。写真の可能性、撮影の領域を拡大し、新しい高画質体験をすべての撮影者におくります。

かつてない高性能レンズのために

写真:かつてない高性能レンズのために

かつてない映像表現を実現するためには、レンズの高性能化が不可欠。EOS Rシステムは、カメラとレンズをつなぐマウント部分の最大径を大きく設計。実用化が難しかった高性能レンズの開発を可能にしました。

レンズは高画質化
カメラは小型化へ

写真:レンズは高画質化

高性能なRFレンズの描写性能を最大限に活かすため、ミラーレス構造を採用。センサーとレンズ最後部を近接させることで、さらなる高画質化が可能に。カメラとレンズのシステム全体での小型化にも貢献。

カメラとレンズの連携を強化する高速通信

写真:強化する高速通信

EOS Rシステムの新マウント通信システムは、EFマウントと比べて通信速度が大幅に向上。フォーカス、絞り、レンズの諸収差(画質低下の原因)、手ブレ補正など、レンズ側の情報を瞬時にカメラに伝えます。

高画質、高感度・低ノイズ
約2620万画素フルサイズ CMOSセンサー

写真:約2620万画素フルサイズ CMOSセンサー

自社開発・自社生産の約2620万画素35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。高画素と高感度・低ノイズ化を追求しました。またフルサイズは大型センサーのため、レンズのボケ味を最大限に発揮。ハイライトからシャドーまでの幅広いダイナミックレンジや、滑らかなグラデーションも実現します。

画像処理と多彩な機能を実現
先進の映像エンジンDIGIC 8を搭載

図:DIGIC 8

デジタルカメラに不可欠な画像処理エンジン。EOSはDIGICを独自開発し進化させてきました。EOS RPは、先進のDIGIC 8を搭載。優れた画像処理性能により、高画素ながらも常用ISO感度40000を達成。高ISO感度でも、画像をクリアに仕上げます。またカメラの多彩な機能の実現にも貢献。デュアルピクセルCMOS AFをはじめ、さまざまな画づくり機能、4K/24pのEOSムービーなど、数多くの機能を小型ボディーに凝縮しています。

世界最速0.05秒※1の高速オートフォーカスで、チャンスを逃さない
デュアルピクセルCMOS AF

デュアルピクセルCMOS AFは、全画素※2が撮像と位相差AFの両方を兼ねるセンサーによって実現したキヤノン独自のAF技術です。撮像面の広いエリアで測距可能になるほか、暗いシーンなど、一般的にオートフォーカス(AF)が難しいとされるシーンでも高精度かつスピーディーにピントを合わせることができます。

  • ※12019年2月13日現在販売されている35mmフルサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルミラーレスカメラの撮像面位相差AFおよびコントラストAFにおいて。EOS Rも同じ世界最速0.05秒(キヤノン調べ)。CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や使用レンズにより異なる)。内部測定方法。[測定条件]測距輝度:EV12(常温・ISO100)、撮影モード:M、RF24-105mm F4 L IS USM使用、焦点距離24mm位置、シャッターボタン操作による静止画撮影時、AF方式:1点AF(中央)、AF動作:ワンショットAF時。
  • ※2AF時は映像表示範囲の横約88%×縦約100%の範囲において測距。ただし、一部のレンズでは、横約80%×縦約80%になります。
図:デュアルピクセルCMOS AF
写真:AF作例

約88%×約100%の広範囲AFエリア

図:広範囲AFエリア

測距可能エリアは、約88%(横)×約100%(縦)の広範囲を実現。画面の隅に被写体を配置するような構図でも、高速・高精度なAFが可能に。DIGIC 8の高速処理能力を活かし、より低コントラストの被写体や低輝度シーンにおいて、高い被写体捕捉能力、測距精度を発揮します。

  • 測距可能エリアは使用するレンズやアスペクト比などの設定により、 約80%×約80%になります。
  • アイコン:AFエリア 赤線対応レンズ:RFレンズ、EFレンズ(現行製品。一部、非対応のレンズあり)、エクステンダーEF1.4× III/エクステンダーEF2× III使用時。
  • アイコン:AFエリア 青線対応レンズ:EFレンズ(現行製品以外)、EF-Sレンズ(クロップとなるため)、エクステンダーEF1.4× /エクステンダーEF2× /エクステンダーEF1.4× II/エクステンダーEF2× II使用時。

暗がりでも合焦。低輝度合焦限界EV−5

低輝度合焦限界はEV-5を実現し、暗闇に近いような低輝度の状況下においてもピントを合わせることが可能です。光学ファインダーでは状況の確認が困難な場合も、電子ビューファインダー(EVF)であれば鮮明な視界のもと撮影することができます。

  • キヤノン試験基準による(静止画撮影時・F1.2・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100)。
  • 低輝度環境での撮影時は、EVFのフレームレートが下がることがあります。
写真:実際の状況(イメージ)

実際の状況(イメージ)

図:ファインダー内の明るさ

ファインダー内の明るさ

サーボAF対応の瞳AF※1
動く人物撮影に効果

被写体の瞳を検知してAFする[瞳AF※1]を搭載。EOS RPは、サーボAFに対応し、動き回る被写体(人物)の瞳をしっかりと追尾します。望遠レンズでの撮影時、手ブレにより1点AFでピントを合わせにくい人物に対しても、すばやく合焦、自動で追尾。初期設定では、カメラに近い方の瞳を自動で選択※2します。

  • ※1[顔+追尾優先AF]時に機能します。瞳とカメラの距離が同程度の場合は、画面中心に近い方の瞳を選択します。
  • ※2手動選択も可能。顔選択フレーム内の瞳をタッチして選択するか、十字キーとAFフレーム選択ボタンでAFフレームを移動することも可能です。
図:顔+追尾優先AF
図:顔+追尾優先AF

EOS Rシステムが解き放つ
4K※1動画の新しい可能性

図:4K動画

EOS RPの高感度性能、RFレンズの表現力。2つの高画質の連携で、4K動画撮影の表現域はさらに拡大。RFレンズと、70種類を超えるEFレンズで多彩な映像表現が楽しめるのは、まさにEOSならでは。4K※1・UHD(3840×2160※2)の内部記録が可能で、フレームレートは23.98p/25.00p。4K撮影時、常用最高ISO感度12800に設定できるため、暗いシーンでも感度を上げて撮影することが可能です。ファインダーを覗いたままでも動画撮影が行えるため、液晶モニターへの光の反射が気になる日中撮影にも便利です。

  • ※1画像処理により4K(UHD)解像度での出力としています。
    AFはコントラスト検出AF方式となります。
  • ※2センサー中央部の画像をクロップ。

フルHD60p/HD60p:MP4

スポーツや動物など動きの速い被写体でも、残像感を抑えた滑らかで美しい動画表現へ。さらに記録形式は汎用性の高いMP4を採用しました。プロの制作現場や自宅での作業が快適に行えます。

4Kフレーム切り出し

4K動画の1フレームを、約830万画素(3840×2160)の画像としてJPEGで保存。写真素材や4K撮影時のピントチェックとしても活用できます。

  • 切り出した画像のリサイズ、トリミングはできません。フルHD動画からのフレーム切り出しはできません。動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。

4Kタイムラプス動画

一定間隔で撮影した静止画をつなげ、4K UHD(3840×2160)動画として記録・再生。天体や風景、草花の成長や昆虫の生態など、時間の経過によって変化する被写体の姿を高解像に描き出します。

  • AF、動画電子IS、音声記録は動作しません。撮影間隔は最短2秒です。

型式

型式 デジタル一眼ノンレフレックスAF・AEカメラ
記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリーカード
  • UHS-II、UHS-Iカード対応
撮像画面サイズ 約35.9×24.0mm
使用レンズ キヤノンRFレンズ群、およびEFレンズ群
  • マウントアダプター併用により、EF/EF-Sレンズが使用可能(EF-Mレンズ使用不可)
有効撮影画角 RF/EFレンズ使用時:表記焦点距離の約等倍に相当
EF-Sレンズ使用時:表記焦点距離の約1.6倍に相当
レンズマウント キヤノンRFマウント

撮像素子

形式 CMOSセンサー(デュアルピクセル CMOS AF対応)
カメラ部有効画素 約2620万画素
  • 1万の位を四捨五入
アスペクト比 3:2
ダスト除去 自動、ダストデリートデータ付加

記録形式

記録フォーマット DCF2.0
画像タイプ JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自:.CR3)
RAW+JPEG同時記録可能
記録画素数 L(ラージ) :約2600万(6240×4160)画素
M(ミドル) :約1150万(4160×2768)画素
S1(スモール1) :約650万(3120×2080)画素
S2(スモール2) :約380万(2400×1600)画素
RAW(ロウ) :約2600万(6240×4160)画素
C-RAW :約2600万(6240×4160)画素
  • 1万の位を四捨五入
クロップ/アスペクト クロップ撮影、アスペクト比設定撮影可能
フルサイズ、約1.6倍(クロップ)、1:1(アスペクト)、4:3(アスペクト)、16:9(アスペクト)
フォルダ作成/選択 可能
画像番号 通し番号、オートリセット、強制リセット

撮影時の画像処理

ピクチャースタイル オート、スタンダード、ポートレート、風景、ディテール重視、ニュートラル、忠実設定、モノクロ、ユーザー設定1〜3
ホワイトバランス オート(雰囲気優先)、オート(ホワイト優先)、プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、マニュアル、色温度指定(約2500〜10000K)、ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング可能
  • ストロボ色温度情報通信対応
画像の明るさ自動補正 オートライティングオプティマイザ機能搭載
ノイズ低減 高感度撮影、長秒時露光に対応
高輝度側・階調優先 可能
レンズ光学補正 周辺光量補正、歪曲収差補正、デジタルレンズオプティマイザ、色収差補正、回折補正

オートフォーカス

フォーカス方式 デュアルピクセル CMOS AF方式(フルHD/HD撮影時)
コントラストAF方式(4K動画撮影時)
AF方式 顔+追尾優先AF、スポット1点AF、1点AF、領域拡大AF(上下左右)、領域拡大AF(周囲)、ゾーンAF
AFフレーム選択可能ポジション 最大4779ポジション
  • 十字キーによる選択時
自動選択時AFエリア分割数 最大143分割
タッチ&ドラッグAF 可能
拡大表示 約5倍/10倍拡大表示可能
撮影距離表示 RFレンズ使用時に可能
マニュアルフォーカス(MF) MFピーキング

静止画撮影

AF動作 ワンショットAF、サーボAF
AF動作の自動切り換え シーンインテリジェントオートモード時、メニューで設定可能
瞳AF 可能
コンティニュアスAF 可能
測距エリア 横:約88%、縦:約100%
横:約80%、縦:約80%
  • 使用するレンズやアスペクト比などの設定により異なる
測距輝度範囲 EV-5〜18(F1.2・中央測距点・常温・ISO100・ワンショットAF)
サーボAF特性 被写体追従特性、速度変化に対する追従性、測距点乗り移り特性
フォーカスブラケット撮影 可能
AF補助光 内蔵(LEDランプ)

動画撮影

測距エリア [4K]横:約88%、縦:約100%
[フルHD/HD]横:約88%、縦:約100%
測距輝度範囲 EV-2.5〜18(F1.2・中央測距点・常温・ISO100・ワンショットAF・29.97p)
動画サーボAF 可能
動画サーボAF特性 被写体追従特性、AF速度

露出制御

測光方式 撮像素子によるリアルタイム測光
384分割(24×16)測光
静止画撮影:
  • 評価測光(すべてのAFフレームに対応)
  • 部分測光(中央部・画面の約5.5%)
  • スポット測光(中央部・画面の約2.7%)
  • 中央部重点平均測光
動画撮影:
撮像素子による中央部重点平均測光、および評価測光
  • AF方式により自動設定
測光輝度範囲 静止画撮影:EV-3〜20(常温・ISO100)
動画撮影:EV-1〜20(常温・ISO100・中央部重点平均測光)
シャッター 電子制御式、フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード 1/4000〜30秒(すべての撮影モードを合わせて)、バルブ、ストロボ同調最高シャッタースピード=1/180秒
  • 動画撮影時は設定範囲が異なる
撮影モード かんたん撮影ゾーン:
シーンインテリジェントオート、スペシャルシーン(ポートレート、集合写真、風景、スポーツ、キッズ、流し撮り、クローズアップ、料理、夜景ポートレート、手持ち夜景、HDR逆光補正、サイレントモード
応用撮影ゾーン:
フレキシブルAE、プログラムAE、シャッター優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出、バルブ、カスタム撮影モード(C1/C2/C3)
動画撮影:
動画自動露出、動画マニュアル露出、HDR動画
ISO感度(推奨露光指数) かんたん撮影ゾーン:ISO感度自動設定
応用撮影ゾーン:ISOオート、ISO100〜40000手動設定(1/3、1段ステップ)、およびL(ISO50相当)、H1(ISO51200相当)、H2(ISO102400相当)の感度拡張が可能
  • 高輝度側・階調優先設定時は、下限感度がISO200となる
動画撮影:
[4K]
動画自動露出:ISO感度自動設定、H2(ISO102400相当)まで上限の拡張が可能
動画マニュアル露出:ISOオート(ISO100〜12800自動設定)、ISO100〜12800手動設定(13、1段ステップ)、H2(ISO102400相当)まで上限の拡張が可能
[フルHD/HD]
動画自動露出:ISO感度自動設定、H2(ISO102400相当)まで上限の拡張が可能
動画マニュアル露出:ISOオート(ISO100〜25600自動設定)、ISO100〜25600手動設定(13、1段ステップ)、H2(ISO102400相当)まで上限の拡張が可能
HDR動画:ISO感度自動設定
  • 高輝度側・階調優先設定時は、下限感度がISO200となる
  • タイムラプス動画撮影時は、設定範囲が異なる
ISO感度関連設定 静止画撮影:
ISO感度の範囲、オートの範囲、オートの低速限界
動画撮影:
ISO感度の範囲、4Kの範囲、オートの上限、4Kオートの上限、タイムラプスオートの上限
露出補正 静止画撮影:
手動:1/3、1/2段ステップ±3段
AEB:1/3、1/2段ステップ±3段(手動露出補正との併用可能)
動画撮影:1/3、1/2段ステップ±3段
AEロック 静止画撮影:
自動:カスタム機能により、測光モードごとに合焦と同時にAEロック有無を設定可能
手動:AEロックボタンによる
動画撮影:AEロックボタンによる
フリッカー低減 静止画撮影時に可能
バルブタイマー 露光時間を設定可能
インターバルタイマー 撮影間隔、撮影回数を設定可能
HDR撮影 ダイナミックレンジ調整:自動、±1、±2、±3
仕上がり効果:ナチュラル、絵画調標準、グラフィック調、油彩調、ビンテージ調
画像位置自動調整:可能
多重露出撮影 多重枚数:2〜9枚
多重露出制御:加算、加算平均
タッチシャッター 可能
Av値1/8段設定 動画撮影時に可能

ドライブ関係

ドライブモード 1枚撮影、高速連続撮影、低速連続撮影、セルフタイマー:10秒/リモコン、セルフタイマー:2秒/リモコン、セルフタイマー:連続撮影
連続撮影速度 高速連続撮影:最高約5.0コマ/秒
  • フリッカー低減撮影時、サーボAF設定時、ストロボ撮影時は、連続撮影速度が低下する
  • 高速連続撮影時の連続撮影速度は、バッテリー残量、温度、フリッカー低減処理、シャッタースピード、絞り数値、被写体条件、明るさ、AF動作、レンズの種類、ストロボ使用、撮影機能の設定などの条件により低下することがある
低速連続撮影:最高約2.6コマ/秒
連続撮影可能枚数 JPEGラージ/ファイン:Card Full(Card Full)
RAW:約50枚(Card Full)
RAW+JPEGラージ/ファイン:約42枚(約98枚)
  • 当社試験基準SDカード(標準:UHS-I対応 32GB/高速:UHS-II対応 32GB)を使用し、当社試験基準(高速連続撮影、静止画クロップ/アスペクト:フルサイズ、ISO100、ピクチャースタイル:スタンダード)で測定
  • ( )内の数値は、当社試験基準UHS-II対応SDカード使用時の枚数
  • 「Card Full」は、カードの空き容量がなくなるまで撮影可能
アイコン:高速表示 高速表示 静止画サーボ連写時に可能

外部ストロボ

対応ストロボ EL/EXスピードライト
調光方式 E-TTL II 自動調光
自動発光 自動発光機能に対応したスピードライト使用時に可能
セイフティFE 可能
ストロボ調光補正 1/3、1/2段ステップ±3段
FEロック 可能
連写優先モード 連写優先モードに対応したスピードライト使用時に可能
シンクロ端子 なし
ストロボ制御 ストロボ機能設定、ストロボカスタム機能設定

動画撮影機能

記録形式 MP4
映像 MPEG-4 AVC/H.264 可変(平均)ビットレート方式
音声 AAC([C.Fn III-9:音声圧縮]が[0:する]設定時)
リニアPCM([C.Fn III-9:音声圧縮]が[1:しない]設定時)
動画記録サイズ 4K(3840×2160)、フルHD(1920×1080)、HD(1280×720)
HDR動画撮影時:
  • RF/EFレンズ使用時:フルHD
  • EF-Sレンズ使用時、動画クロップ時:HD
タイムラプス動画撮影時:4K/フルHD
※画像処理により4K・UHD解像度での出力としています。
フレームレート 59.94p/29.97p/23.98p(NTSC設定時)
50.00p/25.00p(PAL設定時)
圧縮方式 標準(IPB)、軽量(IPB)
  • タイムラプス動画撮影時:ALL-I
ビットレート/要求カード性能
(書き込み/読み取り速度)
4K(23.98p/25.00p)/標準(IPB)
:約120Mbps/UHS-I、UHSスピードクラス3以上
フルHD(59.94p/50.00p)/標準(IPB)
:約60Mbps/SDスピードクラス10以上
フルHD(29.97p/25.00p)/標準(IPB)
:約30Mbps/SDスピードクラス4以上
フルHD(29.97p/25.00p)/軽量(IPB)
:約12Mbps/SDスピードクラス4以上
HD(59.94p/50.00p)/標準(IPB)
:約26Mbps/SDスピードクラス4以上
HD(29.97p/25.00p)/標準(IPB)
:約13Mbps/SDスピードクラス4以上
録音 ステレオマイク内蔵、外部ステレオマイク端子装備
録音レベル調整可能、ウィンドカット機能、アッテネーター機能搭載
ヘッドフォン ヘッドフォン端子装備、音量調整可能
動画クロップ撮影 可能
動画電子IS 可能(する/強)
HDR動画撮影 可能
ビデオスナップ 可能
タイムラプス動画撮影 4K/フルHDタイムラプス動画撮影可能
HDMI出力 情報表示なし映像を出力可能
  • 4K出力対応、自動/1080p選択可能
リモコン撮影 可能
静止画撮影 動画撮影時不可
カラーサンプリング/色空間 4K記録時:[内部記録]YCbCr 4:2:0/8bit/BT.709[HDMI出力]YCbCr 4:2:2/8bit/BT.709
フルHD・HD記録時:[内部記録]YCbCr 4:2:0/8bit/BT.709[HDMI出力]YCbCr 4:2:2/8bit/BT.709

動画記録サイズ

動画記録サイズ カードごとの総記録時間(約) 映像ビットレート(約)
/ファイルサイズ(約)
8GB 32GB 128GB
4K(UHD)
3840×2160
23.98fps
25.00fps
IPB 8分 35分 2時間20分 約120Mbps
約869MB/分
Full HD
1920×1080
59.94fps
50.00fps
IPB 17分 1時間09分 4時間37分 約60Mbps
約440MB/分
29.97fps
25.00fps
HDR動画
IPB 33分 2時間15分 9時間01分 約30Mbps
約225MB/分
29.97fps
25.00fps
IPB
(軽量)
1時間26分 5時間47分 23時間11分 約12Mbps
約87MB/分
HD
1280×720
59.94fps
50.00fps
IPB 38分 2時間34分 10時間19分 約26Mbps
約196MB/分
29.97fps
25.00fps
HDR動画
IPB 1時間13分 4時間53分 19時間34分 約13Mbps
約103MB/分

モニター

形式 TFT式カラー液晶モニター
画面サイズ/ドット数 3.0型(3:2)/約104万ドット
視野率 静止画撮影:上下/左右とも約100%(JPEGラージ設定時)
動画撮影:上下/左右とも約100%
可動角 開き角:約0〜175°
回転角:手前側約0〜90°/奥側約0〜180°
明るさ調整 手動(7段階)
表示設定 撮影モードガイド、機能ガイド
メニュー表示言語 日本語、英語
タッチパネル 静電容量方式

ファインダー

形式 有機ELカラー電子ビューファインダー
画面サイズ/ドット数 0.39型(4:3)/約236万ドット
視野率 静止画撮影:上下/左右とも約100%(アイポイント約22mm時、JPEGラージ設定時)
動画撮影:上下/左右とも約100%
倍率 約0.70倍(50mmレンズ・∞・-1m-1
アイポイント 約22mm(-1m-1時、接眼レンズ最後尾から)
視度調整範囲 約-4.0〜+1.0m-1(dpt.)
明るさ調整 手動(5段階)
撮影画面表示設定 省電力優先、なめらかさ優先

再生関連機能

画像表示形式 1枚表示(情報表示なし)、1枚表示(簡易情報)、1枚表示(撮影情報表示:詳細情報、レンズ/ヒストグラム情報、ホワイトバランス情報、ピクチャースタイル情報1、ピクチャースタイル情報2、色空間/ノイズ低減情報、レンズ光学補正情報1、レンズ光学補正情報2、画像の送信履歴、GPS情報)、インデックス表示(4枚/9枚/36枚/100枚)
  • 撮影情報表示の表示内容を任意設定可能
ハイライト警告 ハイライト部分点滅表示
AFフレーム表示 可能
グリッド表示 3種類
拡大表示 約1.5〜10倍、拡大開始倍率/開始位置設定可能
画像検索 検索条件を設定可能(レーティング、日付、フォルダ、プロテクト、ファイルの種類)
画像送り 1枚、10枚、指定枚数、撮影日、フォルダ、動画、静止画、プロテクト、レーティング
画像回転 可能
画像プロテクト 可能
レーティング 可能
動画再生 可能
動画前後カット 可能
4K動画フレーム切り出し 任意のフレームを切り出しJPEG画像として保存可能
スライドショー 全画像、または検索条件に該当する画像を自動再生
カメラ内RAW現像 クリエイティブアシスト、RAW画像、C-RAW画像のRAW現像が可能
明るさ補正、ホワイトバランス、ピクチャースタイル、オートライティングオプティマイザ、高感度撮影時のノイズ低減、JPEG記録画質、色空間、レンズ光学補正(周辺光量補正、歪曲収差補正、デジタルレンズオプティマイザ、色収差補正、回折補正)
リサイズ 可能
トリミング 可能
印刷指定 DPOFバージョン1.1準拠

カスタマイズ機能

カスタム機能 23種
カスタム撮影モード モードダイヤルのC1/C2/C3に登録
マイメニュー 5画面登録可能
著作権情報 設定/付加可能

インターフェース

デジタル端子 Hi-Speed USB相当、端子形状:USB Type-C
パソコン通信、USB電源アダプターPD-E1による充電可能
HDMIミニ出力端子 タイプC(解像度自動切り換え)
外部マイク入力端子 Φ3.5mmステレオミニジャック
指向性ステレオマイクロホンDM-E1、または市販の外部マイクが接続可能
リモコン端子 リモートスイッチRS-60E3対応
ワイヤレスリモコン ワイヤレスリモートコントローラーBR-E1(Bluetooth接続)に対応

無線通信機能

Wi-Fi

準拠規格 IEEE 802.11b/g/n
伝送方式 DS-SS変調方式(IEEE 802.11b)、OFDM変調方式(IEEE 802.11g/n)
送信周波数(中心周波数) 周波数:2412〜2462MHz チャンネル:1〜11ch
接続方法 カメラアクセスポイントモード、インフラストラクチャー
  • Wi-Fi Protected Setup対応
セキュリティー 認証方式:オープン、共有キー、WPA/WPA2-PSK
暗号化:WEP、TKIP、AES
接続可能機器・サービス スマートフォン、パソコン、Wi-Fi対応プリンター、Webサービス

Bluetooth

準拠規格 Bluetooth Specification Version 4.1準拠
(Bluetooth low energy technology)
伝送方式 GFSK変調方式
接続可能機器 スマートフォン、ワイヤレスリモートコントローラー

電源

使用電池 バッテリーパックLP-E17、1個
※家庭用電源アクセサリー使用によりAC駆動可能
※USB電源アダプターPD-E1により、LP-E17のカメラ内充電が可能
電池情報 使用電源、電池残量、劣化度確認可能
撮影可能枚数の目安 常温(+23℃)約250枚/低温(0℃)約240枚
※フル充電のバッテリーパックLP-E17使用時
動画撮影可能時間 常温(+23℃)合計約1時間40分
低温(0℃)合計約1時間30分
※フル充電のバッテリーパックLP-E17使用、動画サーボAF:する、フルHD 29.97P IPB(NTSC)/フルHD 25.00P IPB(PAL)設定時

大きさ・質量

大きさ 約132.5(幅)×85.0(高さ)×70.0(奥行)mm
質量 約485g(バッテリー、カードを含む)/約440g(本体のみ)
  • ブラック/ゴールド共通

動作環境

使用可能温度 0℃〜+40℃
使用可能湿度 85%以下
  • 記載データはすべて当社試験基準、またはCIPA試験基準/ガイドラインによります。
  • 大きさ、質量はCIPAガイドラインによります(カメラ本体のみの質量を除く)。
  • 製品の仕様および外観の一部を予告なく変更することがあります。
  • 他社製のレンズを使用して不具合が生じた場合は、 そのレンズメーカーへお問い合せください。

  • 詳しい製品情報をみる
  • 商品カタログをチェック(PDF)
  • スペシャルサイトをみる

EOS RP・RF35 MACRO IS STM レンズキット対応アクセサリー用品

  • 最近見た商品

    ページ: 1 / 1 (最初に戻る)