注目ワード:PowerShot PICKR3プリンター下取りEOS RKissインク | グッズ | インク選べるパックPIXUS分割払い


  •  
  •  
  •  
  •  

ドキュメントスキャナー imageFORMULA R10 PG (ピンクゴールド)

スキャンニングをよりスマートに、手軽に。

価格
  • 30,580円(税込)
  • 消費税率10%対応
  • 305ポイント
  • 送料無料
数量

商品コード:4861C007

商品コード:4861C007

R10
A4対応
カラー9枚/分
白黒12枚/分
ADF20枚
win対応
mac対応
ENERGY STAR
グリーン購入法適合

簡単スキャン

特許技術によりソフトウエアのインストール不要ですぐに使用可能

特許技術により、一般的なスキャナーと違い、ソフトウエアをパソコンにインストールする必要がありません。付属のUSBケーブルでパソコンと接続するだけで、スキャナー本体に内蔵されているソフトウエア「CaptureOnTouch Lite」が起動し、 簡単にスキャンすることが可能です。社内・自宅・出張先など、簡単に接続できるため様々な場所で簡単に使うことができます。職場や家庭内でスキャナーをシェアすることができます。また、スキャナー本体にスキャンデータが残らないため、情報漏洩の心配もありません。

  •  PC設定でUSBメモリーなどの外部媒体の利用を制限している場合、CaptureOnTouch Liteを使用することができません。使用する際は、設定をOFFにしてください。

直感的で使いやすい内蔵ソフトウエア「CaptureOnTouch Lite」

「CaptureOnTouch Lite」の操作画面は、直感的に使えるシンプルなレイアウトとなっています。 トップ画面の大きなアイコンから、スキャンモード、出力先を選んでスキャンするだけの3ステップで、簡単に使うことができます。

充電不要、ACアダプター不要。簡単接続で、持ち運びにも便利

USBポートから電源供給されるため、スキャナー本体を付属のUSBケーブル1本でパソコンと接続するだけで、手軽にスキャンすることができます。そのため本体を充電したり、 ACアダプターを持ち歩いたりする必要はありません。配線の煩わしさもなく、簡単に使用することができます。

給紙トレイの開閉だけで電源ON/OFF

パソコンと接続中に給紙トレイを開くと、自動的に電源が入りボタンが点灯します。すばやく原稿をセットして、より効率よくスキャンが行えます。 また、スキャンが終わったら、トレイを閉じるだけで自動的に電源がOFFになります。そのため電源を切り忘れる心配がなく、オフィスや家庭の省電力化にも役立ちます。

「カードスキャン」にも対応

スキャナー前面のスロットにカードをセットするとローラーが回転し自動的に搬送します。搬送が完了するとローラーが逆回転に切り替わりスキャンを開始し、 終了するとカードが手前に排出されます。カウンター業務などでも幅広く活用できるスキャナーです。

多彩な原稿に幅広く対応・安定した給紙

まとめてセットして効率よくスキャンA4普通紙の資料や企画書はもちろん、発注書や納品書といった薄紙の伝票や名刺など、さまざまなサイズ・厚さの原稿に対応。 原稿は一度に20枚(80g/m²紙)までセットできるので、大量の原稿をスキャンする際にも、何度も繰り返しセットする手間を省くことができます。さらに、原稿を整える原稿ガイドと、原稿の背面を支える原稿補助プレートが給紙の安定性を高め、スキャンの信頼性を向上させます。


スタイリッシュデザイン

使いやすさを追求したコンパクトなスタイリッシュデザイン

オフィスや家庭など、どこでも馴染みやすい白を基調とした柔らかいデザインを採用しています。さらにカラーバリエーションとして、ピンクゴールドモデル“R10 PG”もご用意いたしました。また、机の引き出しにも収まるよう厚みを抑えた設計を実現しています。使う時だけ取り出し、 使用後は収納することで机周りをすっきりとキープすることができます。コンパクトでありながらADF(自動原稿送り装置)を搭載しており、最大20枚までの原稿をセットし、連続でスキャンすることができます。モノクロ毎分12枚(A4タテ・300dpi)の速度でスキャンが可能です。

持ち運び可能な軽量ボディ

寸法285×95×40mmの重量998gの軽量ボディは鞄にすっぽりと収まり、急な移動時にも気兼ねなく持ち運ぶことが可能です。

「Made in Japan」の高品質と環境への配慮

開発設計から組み立てまで、すべて日本国内で実施している「Made in Japan」の高品質スキャナーです。消費電力を抑えた設計で、動作時の最大消費電力2.5W以下を実現しています。 さらに国際的な省エネルギー制度である国際エネルギースタープログラムに適合しています。また、地球環境に配慮して、梱包材にはリサイクル可能な紙素材を使用しています。


高品質な画像処理機能

最適なサイズで読み取る「用紙サイズ自動検知」

異なるサイズが混載する原稿を連続スキャンする際も、1枚1枚読み取りサイズを指定する必要はありません。 それぞれの用紙サイズを自動的に検知し、常に最適なサイズで効率よくデータ化します。

原稿内容の傾きも検知し補正する「斜行補正」

斜行補正機能は、スキャンした原稿の外形から原稿自体の傾きを検知して補正する方法と、印刷不備で内容が曲がっている場合など、 画像の直線や文字列といった原稿内容の傾きから補正する方法があり、原稿にあわせて2タイプのモードを切り替えることができます。

  •  文字が斜めに書いてある場合など、原稿の種類により正しく補正されない場合があります。

読み取り容量を抑える「カラー・グレー・白黒自動判別」

カラー原稿、白黒原稿だけでなく、写真などが入ったグレー原稿を含め、3つのタイプを自動的に判別してスキャンします。それぞれの原稿タイプに合せて、 見やすく読みやすいスキャンを実現するとともに、白黒やグレーが混在する複数枚の原稿をカラー設定で読み取るよりも、適正なデータ容量に抑えることができます。

原稿の白紙面を自動的に消去「白紙スキップ」

両面と片面の混在した原稿を両面スキャンした際に生じる白紙面を、自動的に認識して消去。ムダなページをデータ生成時になくして、スキャン後の編集・削除作業の手間を省きます。

裏面の写り込みを抑える「裏写り・地色除去」

裏写りするような薄い原稿をスキャンする際に発生しやすい、裏面の文字や写真の写り込みを低減。さらに、地色を除去して、細かな文字も読みやすく、図や表も見やすい画像データを生成します。

細かな階調再現に対応する「グラフィック原稿モード」

写真やイラストなどの画像をスキャンする際に生じやすい、黒ツブレや白トビを抑えるために「グラフィック原稿モード」を搭載。 細かい階調を保ちながら、より高品位に読み取ることができます。


仕様

型式 卓上型シートスルースキャナー
対応原稿 普通紙 幅 50.8〜216mm、長さ 70〜356mm、紙厚 0.08〜0.15mm(64〜128g/m²)
名刺 幅 49〜55mm、長さ 85〜91mm、紙厚 0.15〜0.3mm(128〜225g/m²)
カード(スイッチバック方式) 幅 86mm、長さ 54mm、厚さ 0.76mm以下(エンボスカードは厚さ1.4mmまで。ただしエンボスの状況によっては、 画像にブレが発生する可能性がある)(プラスチック製。国際準拠カードのみ。縦搬送のみ)
種類の制限 感圧紙:可(綴代側からの給紙、表裏反転給紙は不可)、バインダー開穴紙:8mm以下の2穴・3穴・4穴は可、カール:8mm以下、折れ・しわ:伸ばしてから給紙のこと
最大トレー積載量(カール量含む) 約20枚(80g/m²紙)かつ、積載高さ3mm以下(カール込み)
1日当たりの読み取り量の目安※1 〜500枚/日
センサー CIS
読取面 片面/両面
背景色
光学解像度 600dpi
出力解像度 150×150dpi、200×200dpi、300×300dpi、400×400dpi、600×600dpi
読取速度(A4・縦) 解像度 200dpi 300dpi 600dpi
白黒・256階調グレースケール 片面 12枚/分 12枚/分 4枚/分
両面 14面/分 14面/分 4.6面/分
24bitカラー 片面 9枚/分 6枚/分 - ※2
両面 10面/分 6面/分 - ※2
給紙方法 標準/自動/手差し
インターフェース Hi-Speed USB2.0
対応OS Windows Windows 8.1、Windows 10
Mac OS mac OS 10.14、10.15、11.0
ドロップアウトカラー 赤、緑、青に切替え/赤強調モード
光源ピーク波長 R:620nm G:530nm B:467nm
電源 USB バスより供給(USB 2.0:通信用500mA)
消費電力 動作時 USB 2.0:2.5 W
スリープモード時 1.5W以下
電源オフ時 0.1W以下
使用環境 温度:15〜70℃ 湿度:25〜75%RH
重量 約1.0kg
外形寸法 給紙トレイ収納時 W:285mm H:40mm D:95mm
給紙トレイ全開時 W:285mm H:174mm D:257mm
同梱物 USBケーブル(1.0m)、セットアップガイド
消耗品 分離パッド、給紙ローラー
無償保証期間 1年間(持込修理)
  • ※1 当数値はあくまでも目安であり、想定使用時間と読み取り速度により算出しています。
  • ※2 規定なし