インクの日開催中

モノクロレーザー複合機 Satera MF521dw+トナーカートリッジ041Hセット[大容量]

画像にマウスを合わせると上部の写真が切り替わります

  •  

商品コード:LBP051

154,300円(税込 166,644円)

1,543ポイント

数量 

<セット商品内容>


お気に入りリストに追加

商品概要説明

スモールオフィス向け複合機 MF521dw

おすすめポイント コピー&プリンター

「毎分43枚※1高速コピー」に加え、1枚目からスピーディーに出力

※写真はMF521dwです。

A4毎分43枚※1のコピースピードを実現。また、独自のオンデマンド定着方式により、ファーストコピーも6.3秒以下※2と迅速。1枚目から速いので、急ぎのコピーにもすばやく対応できます。。

※1 A4片面等倍時。普通紙、同一データを連続印刷した場合の速度です(コピーは原稿台使用時)。はがきや小サイズ紙など、用紙の種類・サイズ・送り方向などによっては印刷速度が低下します。また連続印刷時に、複合機本体の温度調整や画質調整のため動作を休止もしくは遅くさせる場合があります。
※2 コピー開始から終了までの時間。原稿台使用時。節電モードからの復帰直後と電源投入時を除く。

業務効率アップと用紙削減を両立する「両面コピー機能※」

用紙のムダを省き、ランニングコストを削減する両面コピー機能。ADF(自動原稿送り装置)も両面対応なので作業時間の短縮や負荷を軽減し、業務効率アップにもつながります。

※ 用紙サイズはA4/レター/リーガル/ユーザー定義サイズ(幅210〜215.9mm、長さ279.4〜355.6mm)に対応。

作業効率を高め、コスト削減も実現する「応用コピー機能」

ページ集約機能

2枚の原稿を縮小して1枚にまとめる2in1機能に加え、4枚分の原稿を1枚におさめる4in1機能も搭載。両面コピーと組み合せれば、最大で8枚を1枚に集約することもできます。

IDカードコピー機能※

IDカードなどをコピーする際、カードの両面を用紙の片面におさめられます。受付業務で免許証などのカード類をコピーする際に便利です。

※ A4、レターサイズのみ対応。両面印刷、ページ集約機能、ズーム機能との組み合せはできません。

2つの機能をボタンひとつで実現する「用紙節約コピー」

「ページ集約」と「両面コピー※」の2つの機能を、1つのボタンから設定できます。操作が簡単になるだけでなく、用紙も削減します。

※ 片面原稿のみ対応。

キヤノンEOS M6

用紙のムダを省き、高い生産性を実現する「高速・両面プリント」

A4毎分43枚※1の出力スピードで、効率のよいオフィス業務をサポートします。両面印刷時も、A4毎分17.2枚(34.4ページ)※2という高速プリントを実現。スピーディーな業務とともに、用紙の有効活用によりコストや資料の保管スペースの削減も促進します。

※1 A4片面等倍時。普通紙、同一データを連続印刷した場合の速度です。はがきや小サイズ紙など、用紙の種類・サイズ・送り方向などによっては印刷速度が低下します。また連続印刷時に、複合機本体の温度調整や画質調整のため動作を休止もしくは遅くさせる場合があります。
※2 A4両面等倍時。普通紙、同一データを連続印刷した場合の速度です。

ドキュメントの訴求力を高める「高精細プリント」

※ 画像はイメージです。

1,200dpi×1,200dpi※というデータ処理解像度による高精細プリントを実現。細かい文字やグラフも美しく再現し、ドキュメントの訴求力を高めます。

※ プリンタードライバーの設定変更が必要です。Windowsドライバーのみ対応です。

情報漏えいを抑止できる「セキュアプリント」

本体で認証しないと出力されないセキュアプリント機能を利用すれば、重要書類の放置による情報漏えいを抑止できます。

※ 最大32ジョブ。データ容量に制限があります。

キヤノンEOS M6

パソコンなしで印刷できる「USBダイレクトプリント」

本体に接続したUSBメモリー※のデータを直接印刷。さらにデータの内容を液晶画面にプレビュー表示できます。ファイル形式はPDF/JPEG/TIFFに対応しています。

※ USBポートはUSB1.1に対応。サポートするUSBメモリーのファイルシステム(最大容量)は、FAT16(2GB)とFAT32(32GB)です。また、セキュリティー機能付のUSBメモリーやUSB接続のメモリーカードリーダー、延長ケーブルを使ってのUSBメモリー、USBハブ経由でのUSBメモリー、USB規格に準拠していないUSBメモリーはサポートしていません。なお、それ以外でもお使いのUSBメモリーによっては正しく画像を読み込めない場合があります。

ファクス機能

世界標準の高速伝送に対応する「スーパーG3ファクス」

ITU-T勧告の世界標準規格V.34/V.8に対応。33.6kbps※1モデムを搭載し、A4標準原稿を約2.6秒※2で送信可能です。遠距離通信や大量通信の多いオフィスニーズに応えながら、通信コストの削減に貢献します。

※1 スーパーG3通信での一般的な電送速度は28.8kbpsです。回線の状況によって、これらの速度以下になることがあります。
※2 電送条件はA4判原稿を標準的画質(8dot/mm×3.85line/mm)33.6kbpsで送った時の速さです。これは画像情報のみの電送時間で、通信の制御時間は含まれておりません。実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状態によって異なります。

用紙コストを削減できる「自動両面FAX受信」

あらかじめFAX受信を両面記録に設定しておけば、受信した文書を自動で用紙の両面に出力します。FAXの受信時にも用紙コストを削減できます。

FAXと電話を一回線で共用できる「FAX/TEL自動切替※」

一本の公衆回線で電話とFAXを共用。FAX受信時は本体が自動で受信し、電話着信時には接続した外付け電話機のベルが鳴り、呼び出します。

※ 接続する電話機の種類によっては、発信や着信が正常に動作しないこともあります。本製品に接続する電話機が、黒電話(600型、601型など)を含む金属ベル内蔵電話機の場合は、呼び出し音が小さかったり、呼び出し音が鳴らない可能性があります(黒電話とは、以前に一般家庭で普及していた旧式の黒い電話機の総称です)。FAX/TEL自動切替時にメッセージを流すことができます。

パソコンからダイレクトに送れる「PC FAX送信※」

パソコンで作成したデータをプリントアウト感覚でダイレクトに送信できるPC FAX送信※に標準対応しています。従来のように一度出力してから送信する手間を省き、用紙コストも削減。相手先にも高品質で見やすいFAX送信を実現します。

※ PCファクス受信機能はありません。

キヤノンEOS M6

受信文書を任意の宛先に転送できる「FAX転送」

手動転送

メモリー受信した文書を宛先登録している別のFAX番号へ手動で転送することができます。

自動転送

メモリー受信した文書を宛先登録している別のFAXへ自動転送できます。Eメール/共有フォルダーへも転送できます。

※ FAXのみのグループダイヤル、もしくはEメールのみのグループダイヤルを指定することで同報送信が可能です。共有フォルダーは同報送信できません。

FAXの安全性を高める「セキュリティー機能」

FAX番号の入力ミスや、登録した宛先の選択ミスなどによる誤送信を抑制するために、セキュリティーを高めるさまざまな制限機能を搭載。意図しない送信が引き起こす情報漏えいを抑制します。

※FASEC(ファセック)のガイドラインに準拠。FASECとは、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)がファクシミリ通信のセキュリティー向上を目指して制定したガイドラインの呼称です。FASECのロゴマークは、このガイドラインに準拠したファクシミリ・複合機に使用されます。

スキャナー&ネットワーク

一度で両面スキャンができる「両面同時スキャン」

二つの読み取りセンサー(CIS)を搭載することで、スキャンしたい原稿の表と裏を一度に読み取れます。また原稿の積載枚数を50枚まで可能にすることで、取り換える手間を省きます。

PC操作なしでスキャンデータを送れる「SEND Lite機能」

SEND Liteは、パソコンのスキャナードライバーを使わずに本体操作でスキャニングし、そのままデータを送信できる機能です。高圧縮PDFやOCRに対応し、社内外へのデータ共有やスキャンデータの再利用に便利です。

※ Eメールは100件まで同報送信できます。SMB送信は同報送信できません。

効率のよいスキャン、幅広いデータ活用を実現する「MF Scan Utility」

指定フォルダーへの保存やEメール添付、アプリケーションへの取り込みが簡単に行える同梱のスキャンユーティリティーソフトです。目的に合せたスキャン設定、操作方法を選べます。

※ USBまたはネットワーク接続でご利用できます。パソコンには、ユーティリティーソフトのインストールが必要です。

本体操作パネルからスキャン

本体画面から保存先のパソコンとスキャン設定(カスタマイズボタンの設定のみ)を選び、スキャンできます。同じ設定を繰り返し使う場合に便利です。

※ ネットワーク接続時に画面表示できるパソコンは、10台までです。

パソコンのMF Scan Utility画面からスキャン

目的別のアイコンをクリックすると、用途に合わせてさまざまなスキャンができるので便利です。

シンプルでわかりやすいMF Scan Utilityの操作画面

キヤノンEOS M6

フォルダー保存・メール添付までできる「ワンタッチスキャン」

ショートカットボタンにあらかじめ設定を登録しておくことで、フォルダーへの保存、メール添付までボタンひとつで自動処理。毎日の業務をさらに効率化できます。

キヤノンEOS M6

※MF417Cdwの画面イメージです。

共有マシンとして使える「ネットワークインターフェース標準装備」

手軽にLAN環境を構築できる、ネットワークインターフェースを標準装備。プリント、PC FAX送信、ネットワークスキャン、リモートUIなど、オフィスの共有マシンとして作業の効率化をサポートします。

キヤノンEOS M6

複数のパソコンとワイヤレスでつながる「無線LAN」

パソコンとケーブルで接続しなくても、ワイヤレスでプリント&スキャン。置き場所を選ばず、オフィススペースをより快適に使えます。また、WPSをはじめ、AOSSやらくらく無線スタートにも対応。面倒な接続設定も簡単に行えます。

※ 有線LANと無線LANは同時に使用できません。

MF521dw基本仕様

仕様表の各※印の詳細については、注意一覧をご確認ください

機種名 MF521dw
複写方式 間接静電転写方式
定着方式 オンデマンド定着方式
読取方式 CIS
複写原稿 シート・ブック原稿・立体物(最大2kgまで)
原稿サイズ
縦×横
原稿台 A4/リーガル(最大215.9×355.6mm)
ADF(自動原稿送り装置) A4/B5/A5/A6/レター/リーガル(最大215.9×355.6mm、最小105×128mm)
用紙サイズ 給紙カセット A4/B5/A5/A5横/A6/レター/リーガル/ユーザー定義サイズ(幅105〜215.9o、長さ148〜355.6o)
手差しトレイ A4/B5/A5/A5横/A6/レター/リーガル/郵便(往復)はがき※1/封筒※2/ユーザー定義サイズ
(幅76.2〜215.9mm、長さ127〜355.6mm)
用紙の種類 普通紙/厚紙/再生紙※3/ラベル紙/郵便(往復)はがき※1/封筒※2
質量:カセット・52〜120g/m²、手差しトレイ・52〜199g/m²
両面印刷可能用紙サイズ※4 A4/レター/リーガル/ユーザー定義サイズ(幅210〜215.9mm、長さ279.4〜355.6mm)
コピー時解像度 読み取り(原稿台) 600dpi×600dpi
出力解像度 600dpi×600dpi
階調 256階調
ウォームアップタイム※5 14秒以下
ファーストコピータイム※6 6.3秒以下
連続複写速度※7 A4等倍/片面 43枚/分
A4等倍/両面 17.2枚(34.4ページ)/分
複写倍率 等倍 1:1±1.0%
拡大 400%、200%、141%(A5→A4)、122%(A5→B5)、115%(B5→A4)
縮小 86%(A4→B5)、81%(B5→A5)、70%(A4→A5)、50%、25%
ズーム 25%〜400%(1%刻み)
給紙容量 カセット 約640枚(A4普通紙)
手差しトレイ 約100枚(A4普通紙)、約50枚(郵便はがき)、約10枚(封筒)
最大給紙枚数 2,660枚
ADF原稿セット可能枚数(80g/m²) 最大50枚
ADF原稿交換速度(スキャン時) (片面)カラー:約13ページ/分 モノクロ:約38ページ/分
(両面同時)カラー:約26ページ/分 モノクロ:約70ページ/分
連続複写 最大999部※8
排紙トレイ積載枚数 最大250枚
動作音※9 動作時:6.8B/53dB / 待機時:4.2B/28dB
消費電力(最大/動作時平均/待機時) 最大:1,380W、通常スタンバイ時(平均):約17W、スリープ時(平均):約0.9W(有線/無線)
TEC値※10 1.4kWh
本体寸法W×D×H/本体重量(カートリッジ含む) 標準※12 494×464×452mm、約20s
電源 AC100V、50/60Hz
使用環境※11 温度 10〜30℃、湿度 20〜80%(相対湿度・結露しないこと)

※ お客さまの特定の使用目的には、適合できない場合がございますのでご注意ください。

本ページで紹介している商品はこちらからも購入できます。

読み込み中
商品コード:
価格 :
進呈ポイント:ポイント
カートに入れる

  • 詳しい製品情報をみる
  • 商品カタログをチェック(PDF)

最近見た商品

ページ: 1 / 1 (最初に戻る)