ワクワクをシェアしたいから。今日からはじめるミラーレスカメラとわたしの時間

written by カナエ(デジモノライター)

毎日がワクワクするから誰かに伝えたい、だけどスマホじゃちょっと物足りない。
ミラーレスカメラって気になるけど、難しい?そう感じる方もいるのではないでしょうか。
そこで、カメラ初心者の桜田さん&岩本さんのふたりと一緒に、「初めてのミラーレスカメラデビュー」のお手伝いをいたします!ふたりと一緒にEOS M100に触れて、撮り方やシェアの仕方を連載形式でお伝えします。

【第1回】
ミラーレスカメラとスマホの違いって?
EOS M100で比べてみました!

スマホだとちょっと物足りない。もっといい写真を撮りたいけれど、ミラーレスカメラって難しいの…?そんな方に、EOS M100はおすすめです。EOS M100ならスマホ感覚でスマホよりワンランク上の写真が撮れちゃいます!スマホとミラーレスカメラの違いや、ミラーレスカメラの基本的な撮り方をご紹介します。

スマホで思ったように撮れないのはどうして?

大切な瞬間や、お気に入りのものを写真に撮って、シェアをしたい。スマホの写真もきれいだけど、なんだかちょっと物足りなさを感じてしまう…。

インスタで思わず「いいね!」を押した写真と比べて、「わたしのスマホではこんな風にならないのはなぜ…?」そんな風に思った経験はありませんか?

ではスマホだと、どうして思った通りに撮れないことがあるのでしょうか?またミラーレスカメラなら、スマホよりも良い写真が撮れるのでしょうか?

第1回目ではそんな気になる疑問に、お答えしちゃいます!

これからミラーレスカメラに挑戦する方におすすめのカメラ「EOS M100 」を使用して、スマホとの違いを解説しちゃいます!

「ミラーレスカメラ」と「スマホ」の大きな違いとは?

ミラーレスカメラとスマホの写りに違いが出る理由は、ミラーレスカメラの「レンズ」と「センサーサイズ」に秘密があります!

まずはスマホとミラーレスカメラのレンズを比べてみましょう。

EOS M100のレンズ(EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM)
2016年発売のスマートフォンのレンズ

大きさを比較すると違いが一目瞭然ですよね。ミラーレスカメラには、スマホよりも、描写力を持った「レンズ」が付けられます。

また、ミラーレスカメラはスマホに比べて、写真を写す部分である「センサーサイズ」が大きいことが特徴です。

センサーとはカメラの中央部にある、上の囲みの中にある長方形の部分を指します。

この「レンズ」と「大きなセンサー」の2つが組み合わさることにより、スマホよりも魅力的な写真が撮れるのです。

ここで同じ「被写体」(撮影する対象物)をミラーレスカメラとスマホで撮影して比較してみましょう!

▲EOS M100 EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM で撮影
▲2016年発売のスマートフォンで撮影

*今回はどちらもフィルターや補正などを使用しない、

「オート」の条件で撮影した写真を比較をしています。

どうでしょうか?同じ条件でも、ミラーレスカメラのほうが背景がボケるので、主被写体(撮影したいモノ)がより強調されて、描写力があるように感じられるのではないでしょうか?

このようにミラーレスカメラは、特に難しい設定をせずとも、「雰囲気のある写真」が簡単に撮影できるんです。

ミラーレスカメラにはスマホにはない機能がまだまだあります!

スマホにはない、ミラーレスカメラの機能や魅力をご紹介します!

まずは「オートで」簡単に撮影してみましょう

まずは、スマホ感覚で撮影できる「オートモード」の使い方についてご紹介します!

まずはオートモード(シーンインテリジェントオート)で簡単に

オートモード(シーンインテリジェントオート)とは、カメラが写真の明るさなどの設定を自動で調節をしてくれる機能のことです。スマホと同じように指でタッチをするだけで、簡単に撮影できます。

EOS M100のオートモード(シーンインテリジェントオート)の設定はとっても簡単!

カメラ上部のダイアルを下記のように「A+」の部分に設定します。

選択ができたら、これでオートの設定は完了!

これでもう撮れるので、まずは早速、撮影をしてみましょう!

▲EOS M100 EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM で撮影

どうでしょうか?

スマホ操作の感覚で、タッチして撮影するだけでも、こんな風に雰囲気のある写真が撮れるんです!

ちなみに、EOS M100は、スマホ感覚のタッチ操作で操作をできるのが特徴ですが、シャッターボタンを押して、撮影することもできます。

シャッターボタンを「半押し→押し込む」でピントを調整して写真を撮ってみて下さい。

ピントが合うと「ピピっ」というガイド音が鳴ります。その後、シャッターボタンを押しこむと、撮影できます。

まずはこのように、カメラの持ち方や、操作に慣れるためにも、オート(シーンインテリジェントオート) で写真を撮ってみましょう。最初は、思いっきりミラーレスカメラを楽しんでみるのが大切です!

オートに慣れてきたら「露出補正」で明るさを調整しよう

色々な明るさの場所で撮っていると、少し明るく撮れる時と、暗く写ってしまう時と、明るさに「差」ができてしまうことに気が付くかもしれません。

また「ここは少し明るめに撮りたい」、「ここは暗めで落ち着いた印象に撮りたい」と思うことがあるかもしれません。

スマホではなかなか明るさを調節して撮影できる機能がないことが多いですよね。

一方ミラーレスカメラなら、「露出補正」という明るさを調整して撮影できる機能があるんです!

露出補正は適正の明るさ(適正露出)よりも、「明るく(オーバー)」設定したり、「暗く(アンダー)」設定したり、という調整ができます。つまり、明るさの「微調整」をする機能です。

「露出補正」の設定の仕方とは?

EOS M100の露出補正はとっても簡単!

露出補正を行うには、まずモード設定画面から「P(プログラムAE)」と書かれている項目を選択します

その後、撮影画面の下部に出ている赤枠のメモリを「左右」に調整することで、

「露出補正」ができます。

「より明るめの写真」「シックな落ち着いた写真」それぞれの設定方法をご紹介します!

\ 「オーバー」明るくしたいとき /

オーバー(明るめ)に撮りたいときは、画面中央の下部に表示されている露出調整のメモリを「+」である右側にスライドをします!

すると最初の明るさよりも、モニターに表示される映像が「明るく」なります。

\ 「アンダー」にしたいとき /

逆にアンダー(暗め)に撮りたいときは、露出補正のメモリを「−」である左側にスライドをします!

すると最初の明るさよりも、モニターに表示される映像が「暗く」なります。

比べてみると変化が一目瞭然!

このように露出補正をすることで、写真の明るさの設定ができます

例えば、かわいい小物などは、オーバーに撮るとより「かわいい印象」になります。

▲EOS M100 EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM +1 で撮影

ナチュラルなイメージの写真にしたいときや、女性らしい小物を撮りたいときにいいですよね。

一方で、かっこいい小物を撮るときは「アンダー」に撮ると「クールな印象」や「かっこいい印象」にできます。

▲EOS M100 EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM −11/3で撮影

このように、露出補正をするだけで、表現の幅をぐっと広げることができるんです!

EOS M100 ならクリエイティブな写真が簡単に撮れる!

露出補正ができるようになったら、さらに雰囲気のある写真を撮ってみましょう。

EOS M100に搭載されている、様々なモードの使い方を解説しながら、スマホよりもちょっと「クリエイティブな写真の撮り方」をご紹介します!

「クリエイティブアシスト」で雰囲気のある写真を撮ろう!

カラフルなマカロンを撮るときは、より色を強調してみるのはいかがでしょうか?

そんなときには、「クリエイティブアシスト」というモードを使ってみましょう!

クリエイティブアシストは、モード設定から選択できます。

モード選択の2ページ目にあるので、上にスワイプをして表示させます。

選択をしたら「OK」ボタンを押して、設定しましょう。

これで、クリエイティブアシストモード設定ができます!

「クリエイティブアシスト」は、色味の調整やボケ味の調整がタッチ操作でできるモードです。

右端から調節する色味を選んで、中央のボタンを左右にスライドをして調整します。

色はモニターで確認しながら調整できます。

ここではインスタにアップすることを想定して、少し、色味を華やかに調整しました。

クリエイティブアシスト「使用なし」
クリエイティブアシスト「使用」

スマホよりも「ボケ」感がありながらも、インスタ向きの鮮やかな色味の写真が撮れました。

EOS M100のクリエイティブアシストがあれば、「ミラーレスカメラならではの写り」をより簡単に表現できます。

さまざまな「フィルタ−」を使いこなそう!

EOS M100には、「クリエイティブアシスト」モードの他にも様々な機能があります!

その中に、簡単に個性的な印象の写真が撮れる、7種類の「クリエイティブフィルター」があります!

クリエイティブフィルターはメニュー画面から選択するだけで設定ができます。

たとえば、「トイカメラ風」フィルターだとこんな写真が撮れます!

トイカメラフィルター「なし」
トイカメラフィルター「あり」

周辺の光量が落ちて、おもちゃのカメラや、まるでオールドレンズで撮った風合いに!

すこしフィルムカメラっぽい印象にもなりますね。味わいがある写真を撮りたい方に、おすすめのモードです。

他にも「ソフトフォーカス」フィルターだとこんな柔らかい写真が簡単にできちゃいます。

ソフトフォーカスフィルター「なし」
ソフトフォーカスフィルター「あり」

マスコットのふわふわの毛並みなど、「ソフトフォーカス」フィルターで撮影すれば、柔らかい印象になりそうですね。

このように、EOS M100なら、内蔵されているクリエイティブフィルターを使い分けるだけで、個性的な写真を撮影できるのです!

ステップアップ!「ボケ」を意識して本格的な写真に…!

スマホよりもさらにワンランク上の写真を撮るには「ボケ」を意識することが大切です。

「ボケ」とはピントの合っている範囲の違いです。

まずは「ボケ」のある写真とない写真の違いを比較してみましょう!

「ボケ」のない写真
「ボケ」のある写真

「ボケ」のある写真の方は、手前のマカロンにピントが合っていて、奥のマカロンはボケています。

一方で、「ボケ」のない写真は、マカロンすべてにピントが合っています。

ミラーレスカメラは「ボケのある写真」を撮ったり、逆にピントが全部に合っている「くっきりとした写真」を撮ったりといった調節ができます。

「ボケ」の調整ができるのは、ミラーレスカメラだからこそ!

これは、一般的なスマホのカメラにはない大きな違いです。

「ボケ」は「Av」モードで調節しよう!

写真のボケは、レンズの「絞り」によって調節されます。絞りの数値は、「F値」と呼ばれます。

数値と言われると、「初心者にはなんだか難しそう…」、「わたしにはまだ早いかな?」と感じてしまうかもしれませんが、EOS M100なら心配ご無用です。「Avモード」と呼ばれるモードで、簡単にボケ感が調節できちゃいます!

「Avモード」の設定の仕方をご紹介します!

「Avモード」の設定は、まず左上のアイコンを押して、モード設定画面を表示させます。

モード設定画面に「Avモード」が表示されているので、選択をしてOKを押して適応させます。

「Avモード」の設定ができれば、「F値」の調整をしながら、撮影をします。

ボケを出す場合と、ピントをくっきりする場合の調整の仕方をご紹介します!

\ ボケを出したいときは、「F値」を小さく /

写したいものだけにピントを合わせて、背景をぼかしたいときには、F値を左にスライドさせて、小さい数字にします。

F値を小さくしていくと、ピントを合わせていない背景や手前のものを「ボケ」させられます。ボケが出せると、ピントを合わせたものの印象が強くなる演出ができます。

ボケを意識して背景をぼかして撮った場合

▲EOS M100 EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM で撮影

一番前のフルーツにピントを合わせて、背景のドリンクをぼかして撮影ができました。

前のドリンクの存在感が際立っていて、とてもおいしそうに写っていますよね。

\ ピントをくっきりさせたいときは、「F値」を大きく /

逆に、全部にピントを合わせて、くっきりとした写真を撮りたいときはF値を大きくしていきます。

F値を大きくしていくと、ピントの合う「範囲」が深くなっていきます。そのため、背景や手前にあるものにもピントが行き届いて、「くっきり」とした印象になります。

F値を大きくして、ピントをくっきりさせて撮った写真

▲EOS M100 EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM で撮影

インスタなどSNSで流行している、アクセサリーなどの小物の写真は、全部にピントが合っていてくっきりしていますよね。

このように、アクセサリーなどはF値を大きくして絞ると、まるで商品写真のようにかっこよく撮れますよ。

ボケが変えられるようになると、写真がもっと楽しくなる!

F値の調節ができるようになると、写真の「ボケ感」を自由に変えられるようになるので、スマホよりも、ワンランクステップアップした写真が撮れます。

スマホよりも魅力的な写真が撮れるようになると、もっとミラーレスカメラで撮影するのが楽しくなるはずです!

EOS M100のF値の設定は簡単なので、ぜひ試してみて下さいね。

ミラーレスカメラならスマホ感覚で「あなたの撮り方」が見つかる!

はじめてのミラーレスカメラで気になるのは、やっぱりスマホとの違いだと思います。

「わたしにも、スマホよりキレイに撮れるかな?」と心配してしまう方も、EOS M100なら安心です。スマホ感覚で簡単に使えるので、すぐにミラーレスカメラに慣れます!

EOS M100でミラーレスカメラデビューをして、あなたの日常の中にある「ドキドキ」と「ワクワク」を写真に残してみませんか?そして、SNSでシェアをしてみて下さい。

次回はEOS M100をもっと可愛く楽しむために、フェイスジャケット付け替えコーデをご紹介します!

お楽しみに!




ミラーレスカメラ「EOS M100」は販売終了となりました。
EOS M100の後継機種「EOS M200」は好評販売中です。

レビュアー紹介

カナエ

ミラーレスカメラ歴8年、カメラマン&ライターです!誰もが可愛いくて素敵な写真が撮れるように、ミラーレスカメラの良さや使い方を紹介している女性向けカメラ記事のデジモノライターです。