eosrsystem-review-01
EOS R6 × RF50mm F1.8 STM レビュー 「子ども」を撮影してみた
https://store.canon.jp/online/secure/eosrsystem-review-01.aspx
2
https://store.canon.jp/img/freepage/eosrsystem-review-01.jpg
12

EOS R6 × RF50mm F1.8 STM My review of R

子どもたちと過ごす、すべての貴重な時間を「作品」に。

写真を愛するレビュワーの皆さんが、キヤノンの「EOS Rシステム」で撮影体験! EOS RシリーズやRFレンズを使った率直な感想を語ります。今回は、お子さまたちを主人公にした作品を発表しているerikaさんが、EOS R6とRF50mm F1.8 STMをレビューします。

EOS R6なら、カメラの時間が心から家族と楽しめる時間になる!

イチゴを摘んで幸せいっぱいの表情。瞳AFのおかげで、一瞬でピントが合いました。イチゴを摘んで幸せいっぱいの表情。瞳AFのおかげで、一瞬でピントが合いました。

こんにちは、erikaです。私は小学生2人の母親で、子どもたちとの時間を写真に残し続けています。家族で出かけたとき「写真係」になるのではなく、子どもたちと一緒に楽しみたい!ずっとそんなふうに思っています。

EOS R6の「瞳AF」は、サッとカメラを向けると、すぐに子どもたちに反応する速さを感じました。ピントはカメラに任せて、構図づくりに集中できます。おかげでピントの確認や調整など写真撮影に費やしていた時間が、家族で楽しむ時間に変わりました。

両手いっぱいにイチゴを乗せ、その香りに幸せを感じる気持ちと一緒に写真を残しました。両手いっぱいにイチゴを乗せ、その香りに幸せを感じる気持ちと一緒に写真を残しました。

このレンズなら、気軽に持ち出して「日常の表情」が撮れる。

いつか写してみたいと思っていた道で撮影しました。年月が経てば変わってしまう日常風景。いまこのときだけの姿を写真にしたいと思いました。このくらいの距離でも、ピント合わせは瞳AFでOKでした。いつか写してみたいと思っていた道で撮影しました。年月が経てば変わってしまう日常風景。いまこのときだけの姿を写真にしたいと思いました。このくらいの距離でも、ピント合わせは瞳AFでOKでした。

RF50mm F1.8 STMは、日常的に使いやすい画角のレンズ。どこにでも気にせず持ち出せる小ささと軽さには、かなり驚きました。学校帰りの子どもたちと寄り道をしながら撮影ができました。

学校帰りのお迎えにカメラを持ち出すのは、普段ならちょっと手間になってしまうのですが、このレンズのおかげでさらに残しておきたい場面を残せるようになりました。

とっても頼りになる「瞳AF」ですが、「ここまでならOK」という、瞳AFが作動するだいたいの距離感がつかめると安心です。

単焦点レンズだからこそ、肩にかけても重さや大きさを感じず、どんな場所にも連れて行けます。撮りたい瞬間にカメラを持っていることが増えました。単焦点レンズだからこそ、肩にかけても重さや大きさを感じず、どんな場所にも連れて行けます。撮りたい瞬間にカメラを持っていることが増えました。

「ボディー内手ブレ補正」のおかげで、会話しながら撮影できた。

  • シルエットにはせず、うっすら表情がわかる露出に設定して手持ちで撮影。背景や手に持つスマホの色を出したかったからです。シルエットにはせず、うっすら表情がわかる露出に設定して手持ちで撮影。背景や手に持つスマホの色を出したかったからです。
  • 薄暗い時間帯の菜の花畑。ランタンに光を灯してお花を照らしました。顔に光が当たるので粗さが出ないよう意識して。手ブレ補正に助けられました。薄暗い時間帯の菜の花畑。ランタンに光を灯してお花を照らしました。顔に光が当たるので粗さが出ないよう意識して。手ブレ補正に助けられました。

日没直後の空が大好きです。空がグラデーションになる時間帯に、シルエットを生かした作品を撮るとき、今までは息を止めて会話もせず、手ブレを起こさないように集中していました。

今回はEOS R6の「ボディー内手ブレ補正」のおかげで、子どもと会話をしながらでも余裕で撮影ができました。今度はEOS R6とIS付きのRFレンズの組み合わせで、さらに強力な手ブレ補正効果を体験してみたいです。








今回レビューの機会をいただいて、EOS R6とRF50mm F1.8 STMでの撮影を楽しませてもらいました。初めて手に取った瞬間から「いい写真」を撮れる予感がありました。

私は、年5万回はシャッターを切ります。子どもの年齢(小学校中〜高学年)にしては、多く撮っているほうだと思いますが、最近は、カメラを持ち出す回数が減っていました。

でも今回、手軽に持ち出せるRF50mm F1.8 STMとEOS R6をお借りして、いつか撮りたいと後回しにしていたシーンが、パッと頭に浮かんできました。子どもと過ごす日常を撮りながら、「家族と楽しむこと」にも気持ちを向けられるので、いままで撮れなかった大切な時間を写真に残すことができました。

「このカメラなら、もっと写せる」。そんな気持ちにさせてくれました。

EOS RP × RF50mm F1.8 STMEOS R6 × RF50mm F1.8 STM

Recommendation
フルサイズミラーレスの新標準へ。

商品コード:

価格:

優れた携帯性とコストパフォーマンスを継承したベストセラーシリーズの標準単焦点RFレンズ

商品コード:

価格:

PROFILE

erikaさん

大分県在住。小学生2人の母。キヤノンの撮影コミュニティーサービス「fotomoti」に数多くのレシピを掲載する他、SNSの発信や写真教室などを開催して、「子どもを世界で一番愛おしく写せるのは親」という想いを伝えている。2020年は、21回のフォトコンテスト受賞歴を持ち、「JAPAN PHOTO2020春夏フォトコンテスト」ではグランプリを受賞。

fotomoti instagram twitter

erikaさん使用のカメラ機材EOS R

erikaさん