eosrsystem-review-08
EOS R×RF50mm F1.8 STM レビュー 「日常スナップ」を撮影してみた
https://store.canon.jp/online/secure/eosrsystem-review-08.aspx
2
https://store.canon.jp/img/freepage/eosrsystem-review-08.jpg
12

EOS R×RF50mm F1.8 STM My review of R

日常風景が美しい写真になる感動。フルサイズで再確認できました。

写真を愛するレビュワーの皆さんが、キヤノンの「EOS Rシステム」で撮影体験! EOS RシリーズやRFレンズを使った率直な感想を語ります。今回は、日常風景を印象的にスナップした作品がSNSで人気のおくでさんが、EOS RとRF50mm F1.8 STMをレビューします。

絞り開放からキレのある描写。ボケ味を生かした表現も◎。

夕方の暖かい光が道端に咲いた花に当たっていました。絞りF1.8で撮影。絞り開放からこんなにキレよく写るのかと、RF50mm F1.8 STMのポテンシャルの高さを感じました。夕方の暖かい光が道端に咲いた花に当たっていました。絞りF1.8で撮影。絞り開放からこんなにキレよく写るのかと、RF50mm F1.8 STMのポテンシャルの高さを感じました。

こんにちは、おくでです。懐かしさを感じる田舎の風景や、日常の中にある「何かいいな」をスナップ撮影しています。今回は、キヤノンのミラーレスカメラ「EOS R」と、単焦点レンズ「RF50mm F1.8 STM」をお借りして撮影してみました。

絞り開放から、あるいは絞り込んでも、きっちり被写体を写し出してくれるRF50mm F1.8 STMの描写力に目を見張りました。どのような被写体でもしっかりと描写する安心感があるので、撮影のペースも上がります。スナップでも風景でも、いままで以上に撮影を楽しむことができました。

絞り開放F1.8、最短撮影距離30cmで撮影。優しくて柔らかなボケがきれいで、葉っぱの雰囲気をより引き立ててくれていると感じました。絞り開放F1.8、最短撮影距離30cmで撮影。優しくて柔らかなボケがきれいで、葉っぱの雰囲気をより引き立ててくれていると感じました。

軽くて小さいけれど、しっかりグリップして撮れるカメラ。

日が傾き始めた時間の田舎道。カーブミラーが「何かいい」と思って、絞りF13・シャッタースピード1/100秒で撮影。EOS Rは小型・軽量のためしっかりカメラをホールドでき、手ブレを抑えて撮影できました。日が傾き始めた時間の田舎道。カーブミラーが「何かいい」と思って、絞りF13・シャッタースピード1/100秒で撮影。EOS Rは小型・軽量のためしっかりカメラをホールドでき、手ブレを抑えて撮影できました。

EOS RとRF50mm F1.8 STMの重量は、合わせてわずか約820g(バッテリー、カード含む)。フルサイズのミラーレスカメラのなかでもかなり小型・軽量です。

EOS Rにはボディ内手ブレ補正機構が搭載されていません。でも、グリップが深くて握りやすく、しっかりと構えることができるカメラなので、あまり手ブレを気にすることなく撮影できました。

スナップ撮影においてEOS RとRF50mm F1.8 STMはベストな組み合わせかもしれません。持ち運びがラクで、ちょっとしたお出かけにも気軽に持ち出せるのは魅力です。スナップ撮影においてEOS RとRF50mm F1.8 STMはベストな組み合わせかもしれません。持ち運びがラクで、ちょっとしたお出かけにも気軽に持ち出せるのは魅力です。

目で見た色彩の印象が、そのまま写真になってくれる。

緑の中に補色である赤いカラーコーンが目立ちます。キヤノンのカメラは赤色の発色がいいというイメージがあったので、画質モード「JPEG」で撮影。見たままの色が忠実に再現されていると感じました。緑の中に補色である赤いカラーコーンが目立ちます。キヤノンのカメラは赤色の発色がいいというイメージがあったので、画質モード「JPEG」で撮影。見たままの色が忠実に再現されていると感じました。

マジックアワーの空の色が印象的でした。単調な絵にならないように、アクセントとして鉄塔を入れて撮影。オートホワイトバランス(AWB)で撮りましたが、難しい空の色を正確に表現してくれました。マジックアワーの空の色が印象的でした。単調な絵にならないように、アクセントとして鉄塔を入れて撮影。オートホワイトバランス(AWB)で撮りましたが、難しい空の色を正確に表現してくれました。

EOS Rのホワイトバランスは優秀で、見たままの色をそのまま再現してくれると感じました。マジックアワーの空の色調整をするのが私は苦手で、あまり撮影してこなかったのですが、EOS Rなら過度な色調整は必要ありません。この仕上がりならマジックアワーの風景にも積極的に取り組めそうです。

RAW現像での色調整にかかる手間や時間を減らすことができるのは、EOS Rの強みだと思います。








今回はEOS RとRF50mm F1.8 STMを使わせていただきレビューしてみました。普段APS-Cサイズのカメラを使っているので、「念願のフルサイズ! しかも、すごく軽い!」とテンションが上がりました。
スナップ撮影において「軽さは正義」。フルサイズなのに軽く、よく写るEOS RとRF50mm F1.8 STMの組み合わせは、まさに理想のスナップシューターです。「これからカメラを始めようかな」と思っている方にも、本当におすすめです。
自分の「好き」をより美しく残してくれる、素晴らしいカメラだと思いました。

EOS R×RF50mm F1.8 STM
EOS R×RF50mm F1.8 STM

Recommendation

価格:

商品コード:

RFマウントとフルサイズCMOSセンサー、映像エンジンの融合により高画質を実現

価格:

商品コード:

優れた携帯性とコストパフォーマンスを継承したベストセラーシリーズの標準単焦点RFレンズ
PROFILE

おくでさん

1991年、福井県生まれ。懐かしさを感じられる田舎の風景を主なテーマに、県内にある緑の原風景の撮影に取り組んでいる。各SNSへの投稿の他、キヤノンの撮影コミュニティーサービス「fotomoti」に数多くのレシピを掲載している。好きな食べ物はみかん。

fotomoti instagram twitter
おくでさん使用のカメラ機材

他社製ミラーレスカメラ・レンズ

おくでさん