inspic_rec_review
まるでキーホルダー型カメラ?キヤノンの防水コンデジ「iNSPiC REC (インスピック レック) 」を使ってみた
https://store.canon.jp/online/secure/inspic_rec_review.aspx
2
https://store.canon.jp/img/freepage/inspic_rec_review.jpg
17

まるでキーホルダー型カメラ?キヤノンの防水コンデジ「iNSPiC REC」を使ってみた

こんなカメラが今までにあった?キヤノンから新たなコンパクトデジタルカメラ「iNSPiC REC」が登場!その魅力とは?今回は実際に使ってみて、撮影方法や防水性能など含め、製品の特長をチェックしました!さらに、三脚やネックストラップなど、「iNSPiC REC」対応のアクセサリーについてもご紹介します。

▼本ページでご紹介する「アソビカメラ iNSPiC REC」は
キヤノンオンラインショップで販売中!

読み込み中

商品コード:

価格 :
カートに入れる



詳しくはこちら

革新的なアソビカメラ「iNSPiC REC」とは?

初めて耳にする「アソビカメラ」というジャンル。キヤノンより「RECORD EVERYDAY(撮りあそぼう)」というコンセプトの下、新たに登場したようです。

さっそく注文し、手元に届いたのがこちら。中央にレンズがあるものの、パッと見てカメラとは思えないフォルムです。

カラーは全4色(ブルー、ピンク、グリーン、グレー)から選べます。私は、どんな服装やカバンにも馴染みやすいグレーをチョイスしました。

持ち運びの負担を感じさせないコンパクトサイズ

幅約110.5mm×高さ約45.2mm×奥行き約18.5mm。スマホよりも小さいコンパクトなサイズです。

重量は約90g。片手で長時間持っていても、少しも負担にならない軽さです。

コンパクトボディーに、無駄のない操作感

こちらは裏面。ダイヤルを回して操作するようですね。

天面の右端に膨らみがありますが、これがシャッターボタンのようです。押し込むと「ポチッ」という感触があります。シャッターボタンの左側の穴はマイクです。

底面には三脚を取り付けるねじ穴。角にはストラップを取り付けることも可能です。

側面にはmicroSDカード/USB端子収納部があります。矢印部分を軽く押して、上に引き上げると、ふたが開く仕組み。

こちらが、ふたを開けた挿入部分。操作時にはきちんと閉めておきましょう。

そして、このカラビナ型クリップがiNSPiC RECの大きな特長のひとつ。指に少し力を込めると曲がり、指を放すとバネで戻るので、簡単にバッグに取り付けて持ち歩けます。

▼本ページでご紹介中の「アソビカメラ iNSPiC REC」は
キヤノンオンラインショップで販売中!
詳しくはこちら

iNSPiC RECでさっそく撮ってみた!その驚きの撮影方法とは?

さっそくiNSPiC RECで遊んでみたいと思います。

まずは、ダイヤルを写真モードに。ランプが点滅し、スピーカーから効果音が聞こえます。

しかし、ファインダーもない、液晶モニターもない。一体、どうやって撮るのかというと・・・

そう、このフレームを使います!

このフレームをのぞき、シャッターボタンを押すだけ。撮影方法はそれだけです。長押しすると、連写もできます。

オモテとウラをひっくり返せば、自撮りもできます。50cm以上離れていれば、ピントは無限遠で合わせてくれます。

コンパクトなサイズながら写真・ビデオどちらも撮影可能!

ダイヤルをビデオモードに回すと、なんと動画も撮影できます!1回の撮影で最長10分間。手ブレ補正機能も搭載されています。

この小さなボディーで、写真と動画どちらも撮影可能であることが驚きですね!

写真モードとビデオモードが重なっているこのアイコンは、マルチモードと呼ばれるもの。

シャッターボタンの操作によって、写真と動画を両方撮影可能です。短く一度押せば写真として、長押しすれば、その間ビデオとして撮影できます。

そして、撮影した写真や動画は専用アプリでスマホと接続して確認できます。撮れた写真を確認するのは、あとからのお楽しみですね。

▼本ページでご紹介中の「アソビカメラ iNSPiC REC」は
キヤノンオンラインショップで販売中!
詳しくはこちら

防水対応!手軽さ+耐久性がiNSPiC RECの魅力!

早速、家族とiNSPiC RECを持って出かけてみました!

出かける時には、このカラビナ型クリップの魅力が際立ちます。

スマホだと、普段はカバンやポケットにしまっていますが、iNSPiC RECなら、常に外に出していて、思い立ったらスグに撮影!

防じん性能に加え、防水性能も搭載されています。雨の日の撮影も安心!

もちろん、microSDカード/USB端子挿入部のカバーは、忘れずにしっかり閉じておきましょう。

▼本ページでご紹介中の「アソビカメラ iNSPiC REC」は
キヤノンオンラインショップで販売中!
詳しくはこちら

iNSPiC RECをグレードアップさせるアクセサリーにも注目!

ここからは、iNSPiC REC対応のアクセサリーもご紹介します。

ネックストラップでさらに携帯性アップ!

こちらはiNSPiC REC対応、【mi-na】のネックストラップ。

先ほどご紹介した、角にある取り付け部分にストラップの紐を通せばOK。

これで携帯性がさらにアップ。iNSPiC RECは一眼レフカメラなどに比べ、格段に軽くて小さいため、歩きづらさがありません!

カラーは全4色(ブラック、グリーン、カーキ、ネイビー)あります。

▼iNSPiC RECとネックストラップ、さらにmicroSDカードが加わった
iNSPiC REC ストラップセット」は
キヤノンオンラインショップで販売中!
本製品はmicroSDカード非同梱のため、お持ちでないお客様は
microSDカードが付いた「iNSPiC REC ストラップセット」がおすすめです!
詳しくはこちら

※本記事内でご紹介している「グレー(本体)×グリーン(ネックストラップ)」の組み合わせは、上記のセットの中には含まれていません。ご希望の組み合わせがある場合、それぞれを単品で購入しましょう。

どこにでも絡みつくミニ三脚!

そして、こちらは【JOBY】のミニ三脚。

底面のねじ穴にくるくるとはめ込めば取り付け完了です。

ゴリラポッドと呼ばれる三脚で、それぞれの脚を自在に変形できます。

平面に置かなくても、巻きつけて固定できます。

▼iNSPiC RECとミニ三脚、さらにmicroSDカードが加わった
iNSPiC REC ミニ三脚セット」は
キヤノンオンラインショップで販売中!
本製品はmicroSDカード非同梱のため、お持ちでないお客様は
microSDカードが付いた「iNSPiC REC ミニ三脚セット」がおすすめです!
詳しくはこちら

iNSPiC RECはお出かけ好きの方に、そして小さな子どものいるママ・パパにもおすすめ!

今回は「アソビカメラ iNSPiC REC」を紹介しました!この抜群の手軽さは、特にお出かけが好きな方におすすめです。

また、実際に使ってみて分かったのですが、(筆者と同様に)まだ子どもが小さいママやパパにもおすすめ!両手を空けておくことができるうえ、耐衝撃性能にもすぐれ、子どもに渡して遊ばせても心配ありません。気になる方はぜひチェックしてみてください!

本ページでご紹介した商品は、こちらからご購入できます

読み込み中

商品コード:

価格 :
カートに入れる
読み込み中

商品コード:

価格 :
カートに入れる
読み込み中

商品コード:

価格 :
カートに入れる

【レビュアー紹介】

まゆみ

三十路のママライターです!2才の娘がいます。趣味はテニスや散歩。晴れた休日には、外へ出てカラダを動かしたい、アウトドア派です。お出かけ時にはカメラが欠かせません。今回は、手軽で丈夫なコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)を探していたところ、iNSPiC RECを発見!




トップへ戻る