絵や工作をスクラップブックに!ミニフォトプリンターで子供のアートを成長記録にまとめよう!

ライター:じゅんぺい

子供が描いた絵はいつまでも残しておきたいもの。私の息子も昔から絵を描くのが好きで、作品は数えきれません。場所の都合上、全部を飾ることができない中、我が家で重宝しているのがキヤノンのスマホプリンター「iNSPiC(インスピック)」!今回は、iNSPiC(インスピック)で印刷したシールを使ったスクラップブックの作り方を簡単にご紹介します。

絵や工作などのアートは子供の成長記録

これが5才の息子による作品群。これはほんの一部です。部屋に飾りたいと思っても、スペースの都合上、どうしても全部は飾れません。管理も大変です。

今回は、特にサイズの大きい絵たちを、ミニフォトシールにしたいと思います。

iNSPiCでプリントすると、5cm×7.6cmのポケットサイズになります。小さくなると、さらにかわいらしいですね。

プリントしたミニフォトたちをスクラップブックにまとめます。裏面はシールになっているため、そのまま剥がして貼れるのがとても便利です。アプリ内でテキストも挿入できるので、絵のタイトルなどを記入すると、おしゃれにプリントできます。

▼本ページでご紹介したミニフォトプリンター「iNSPiC」は
キヤノンオンラインショップで販売中!
詳しくはこちら

子供のアートを持ち歩けるサイズに

絵よりも管理が大変なのが焼き物などの工作。こちらもミニフォトに。

もちろん余裕があれば実際の作品も飾りますが、ポケットサイズのミニフォトなら、作品を持ち歩くことができます。

こちらもスクラップブックに貼り付けちゃいます。今後どれだけ作品が増えても、ミニフォトとして保存すればひとまず安心です。絵のタイトルに制作年を添えると、作品が思い出になりやすくなりますね。また、作品を作った時期の子どもの写真を一緒に保存すれば、子どもの成長記録にもなります。

これまでは、プリンターを起動して、PCを操作して…。「写真の印刷」というと、どこか手間のかかる、「作業」という感覚でした。しかし、このミニフォトプリンターのおかげで、「作業」から「趣味」に変わってきています。

▼本ページでご紹介したミニフォトプリンター「iNSPiC」は
キヤノンオンラインショップで販売中!
詳しくはこちら

表紙には、作者(息子)の写真をミニフォトにして貼り付けます。息子もさらに愛着が湧いたようでした。これで、この子の創作意欲が高まれば、父親としても幸せです(笑)。

スマホひとつでコンパクトな成長記録を作成!「キヤノン ミニフォトプリンター」

今回のスクラップブック作りに活用したアイテムは、キヤノンのミニフォトプリンター「iNSPiC PV-123」。とにかくおすすめです。


まずは、スマートフォンアプリの「Canon Mini Print」をインストールしましょう。アプリ内の操作はとてもカンタン!チュートリアル等の説明も丁寧でわかりやすくなっています。

そのスマホアプリに対応するのが、専用プリンターのキヤノン「iNSPiC PV-123」です。持ち運びしやすいコンパクトさが魅力で、デザインもシンプルでおしゃれです。

今回はキヤノンのミニフォトプリンター「iNSPiC PV-123」をご紹介しました。お子さんのいる親御さんにとって、子供の成長記録・育児ノートは愛着たっぷりに作りたいですよね。


キヤノンのミニフォトプリンター「iNSPiC PV-123」なら、スマホで撮った写真をスグにプリントして、そのまま貼り付けるだけ。難しい作業は一切ありません。気になる方はぜひチェックしてみてください!

▼本ページでご紹介したミニフォトプリンター「iNSPiC」は
キヤノンオンラインショップで販売中!
詳しくはこちら

ライター紹介

じゅんぺい

妻と5才の息子と暮らしています。趣味は映画鑑賞、料理、ゲームです。今は、子供との貴重な時間を、良い思い出として残せるように、存分にミニフォトプリンターを利用していきたいと思っています。



トップへ戻る