instagramgoods_review
【インスタ映え写真を撮りたい!】と思っている方必見!インスタ映えする写真の撮り方をご紹介
https://store.canon.jp/online/secure/instagramgoods_review.aspx
2
https://store.canon.jp/img/freepage/instagramgoods_review.png
26

【インスタ映え写真を撮りたい!】と思っている方必見!インスタ映えする写真の撮り方をご紹介

素敵な写真を撮ってインスタにアップしたいけど、思うように撮れない・・・
そんなお悩みを抱えている方に、写真の撮り方と可愛い撮影アイテムをご紹介いたします。

今回写真を撮るのに使った機材はこちら

ミラーレスカメラ「EOS M100」

可愛い写真を撮るのに使ったのは、mi-naのフォトスタイリングセット「物撮りシート5種類とハニカムフェルト19枚セット」と「物撮りファブリック7種類とフェイクフラワー4本セット」。

[物撮りシート5種類とハニカムフェルト19枚セット]

[物撮りファブリック7種類とフェイクフラワー4本セット]

俯瞰写真で雑誌風のおしゃれな写真を撮ろう!

[使用レンズ:標準ズームレンズ(EF-M15-45mm)/使用商品:シート7種類・フラワー4本セット

真上からのアングルでお菓子を撮影。
これは『俯瞰写真』といわれるもので、誰でも簡単に雑誌風のイメージに仕上げることができ、インスタで映える写真の撮り方の1つでもあります。

この写真は、海外のお菓子をファンシーなイメージに仕上げるために、被写体の下に敷く物にピンクの布と、同系色のドット柄チュールを重ねてアレンジしました。ジェリービーンズは平らに並べると平面的な写真になるので、少し山盛りになるように配置して、ブルーのお皿やチョコレートボンボン2つをそれぞれ斜めに置くように配慮してリズム感と遊び心を表現しています。

こんな風に真上から撮影をしています。

[使用レンズ:標準ズームレンズ(EF-M15-45mm)/使用商品:シート5種・フェルト19枚セット

机の上に敷く物の柄やカラートーンにもひと工夫。
被写体のイメージを膨らます物を選択することで、よりオシャレでスタイリッシュな印象になります。この写真では、クッキーのほっくりした焼き具合と、食べる時のワクワク感がリンクするように元気な色と柄を選んでいます。

[使用レンズ:単焦点レンズ(EF-M28mm)/使用商品:シート7種類・フラワー4本セット

このコスメ系の写真はちょっぴりラグジュアリーで清潔感ある印象にするために、キナリ色の布の上にゴールドの星柄のチュールを重ね、その上にコスメを配置して撮影しました。チューブのハンドクリームを主役とするために脇役のアイテムは色のトーンを揃えて主役より薄めのものをチョイスして何が主役かをはっきりさせています。

俯瞰写真と撮る際に気を付けたい「影」!

こんな風に物の影や自分の影が写真に映ってしまうことしまうことはありませんか?

自分やモノの影が写り込まないようにするためには、蛍光灯や電球など様々な光があるとコントロールしづらくなるので、室内の電気を消します。そして直射日光を避けるためレースのカーテン越しの窓際にテーブルを置いて自然光で撮るのがベストです。

こんな風に影が映りこまず、クリアな写真が撮れます。

お家での撮影。身の回りのものが映らないようにするためには?

[使用レンズ:単焦点レンズ(EF-M22mm)/使用商品:シート5種・フェルト19枚セット

真横からのアングルでネイル瓶を撮影。
単焦点レンズは、簡単に背景を美しくぼかしてくれるので、奥行き感ある印象的な写真に仕上げてくれます。

通常お部屋の中でモノを撮ろうとすると、下記の写真のように背景に思わぬものが写り込み残念な写真になりがち・・・

真横からのアングルでは特に、背景にも意識を向け、何をどうぼかすかの配慮も大切になります。
そこで便利なのがオシャレな柄の背景紙です。

この写真では、2種類のタイル柄の背景紙を選択。マス目が大きめのシートを下に敷き、もう1枚のブルーとイエローの細かいマス目のシートは立て掛けて背景として使用し清潔感あるオシャレな日常を演出しています。
そしてお花を奥において露出補正をプラスにして明るめにすることで、より華やかで上品なイメージを引き出してくれています。

色の配置の工夫をしてみました!

[使用レンズ:標準ズームレンズ(EF-M15-45mm)/使用商品:シート5種・フェルト19枚セット

斜め上からのアングルで文房具雑貨を撮影。
フォトアルバムを作るため文房具雑貨を準備してワクワクしているという楽しいストーリーを表現するためにハニカム型のフェルトを敷いてみました。
メインの文房具たちだけでなく、その後ろに配置した色鉛筆やアルバム、敷物などとの構図バランスも取りながら、標準ズームレンズでズーミングしながら直感的な絵作りをしています。

撮影時は主役にだけ目が行きがちですが、脇役の形や色味も意識しながらの配置と見せ方の工夫が自然なストーリー感を生み出し、印象に残る写真の完成へといざなってくれます。

お花を使って華やかな印象に。

[使用レンズ:単焦点レンズ(EF-M28mm)/使用商品:シート7種類・フラワー4本セット

マクロレンズで被写体にぐっと近づいて撮影。
造花にドット柄のチュールを組み合わせてみました。ペールトーンのピンクのお花を選択してマクロレンズで開放寄りでハイキーに撮ることによって、華やかさで優しい印象に仕上げることかできました。この時にお花とチュールの配色にもひと工夫。めしべのイエローを意識してドット柄チュールも同じイエローを選択することで統一感が生まれぐ〜んと写真のオシャレ度も簡単にアップさせることができます。

ピントをどこに持ってくるかで写真の印象もかなり違いますので、しっかり意識してシャッターを切ると写真に説得力が生まれてきます。

いかがでしたでしょうか?
撮影アイテムを使ったり、ちょっとした工夫で素敵な写真をたくさん撮りたいものです。

本ページでご紹介した商品は、こちらからご購入できます

読み込み中

商品コード:
価格 :
進呈ポイント:ポイント
カートに入れる
読み込み中

商品コード:
価格 :
進呈ポイント:ポイント
カートに入れる


トップへ戻る